So-net無料ブログ作成
検索選択

ジャズ事始め [客の一人として]

これからジャズを聞きたい人のためのアルバム紹介。

(JAMAICAに感謝をこめて)



●ピアノ(p)

・Bill Evans “Waltz for Debby” 1961
no-title
ジャズのベスト3に入る。

・Duke Jordan “Flight to Denmark” 1973
no-title
彼の代表作。

●ベース(b)

・Bill Crow “From Birdland to Broadway” 1995
no-title
作家になる前はジャズ喫茶のマスターだった村上春樹氏の推薦盤。ピアノレスのカルテット。

●ドラム(ds)

・Art Blakey “Moanin’ “ 1958
no-title
ジャズのベスト3に入る。ブレイキーは東京でパレードをしたジャズマン。日本でパレードをしたジャズマンは他に聞いたことがない。

●テナー・サックス(ts)

・John Coltrane “Blue Train” 1957
no-title
楽しいジャズが聞きたい人に。

・John Coltrane “Ballads” 1961,62
no-title
彼の黄金カルテットによるバラード集の名盤。

・” John Coltrane and Johnny Hartman” 1963
no-title
テナーと男性ボーカルの絶妙なバラード集。

●アルト・サックス(as)

・Paul Desmond “Take Ten” 1963
no-title
大人のアルト。

・”Sonny Criss plays Cole Porter” 1956
no-title
青空を突き抜けるような爽快なアルト。パーカー系統。チャーリー・パーカーはジャズ界の神様。

●バリトン・サックス(bs)

・Gerry Mulligan “Night Lights” 1963
no-title
バリトンの名バラード集。

●トランペット(tp)

・Miles Davis “Cookin’ “ 1956
no-title
マラソン・セッション4部作の一つ。

・Miles Davis “Kind of Blue” 1959
no-title
ジャズのベスト3に入る。マイルスはいつもジャズ界の一歩先を行っていた。

●ギター(g)

・Wes Montgomery “Full House” 1962
no-title
ジャズギターと言えば、ウェス。

●ヴィブラフォン(鉄琴)(vib)

・Modern Jazz Quartet(MJQ) “The Last Concert” 1974
no-title
この4人の中では鉄琴のミルト・ジャクソンが主役。彼のリーダー作にも名盤がある。

●トロンボーン(tb)

・Curtis Fuller “Blues Ette” 1959
no-title
トロンボーンはこれから入る。

●ボーカル(vo)

・Chet Baker “Sings” 1954,55,56
no-title
男性ボーカルで最初に挙がる名前。

・”Sarah Vaughan with Clifford Brown” 1954
no-title
エラ・サラ・カーメンの御三家の一人。

・”Helen Merrill with Clifford Brown” 1954
no-title
通称、ニューヨークのため息。

●和ジャズ

・秋吉敏子『渡米50周年 日本公演』(p) 2006
no-title
日本人のジャズプレイヤーの先駆けの一人。彼女の曲「ロング・イエロー・ロード」は有名。

・武田和命(かずのり)『Gentle November』(ts) 1979
no-title
知る人ぞ知る、和ジャズのバラード集の傑作。

・渡辺貞夫『Bird of Paradise』(as) 1977
no-title
フュージョンでないナベサダ。彼は本当はこれがやりたかったのではないか。敬愛するパーカーのためのアルバム。

・安富祖(あふそ)貴子『魂(こん)』(vo) 2005
no-title
日本人だが、アメリカの黒人と肩を並べるようなソウルフルなアルバム。